2012年08月30日

自分に一番合った火災保険を見つけよう

”大人”のための安い火災保険の情報を集めた
「火災保険の情報サイト!│“大人”の安い火災保険」
というサイトを拝見しました。自分にとって一番安い
火災保険が分かれば家計の節約ができますよね・・・。

保険というと難しいとか、ややこしいイメージが強いですよね。
火災保険だけでなく、保険には生命保険や医療保険、自動車保険など、
いろいろな保険があるので、それぞれの保険の知識をつけるとなると、
かなり大変です。

しかし、保険について知識がないまま加入すると、もっと自分に
合った保険があるのではないかと思ってスッキリしません。

我が家も火災保険の見直しは一度もしたことがないけど、
たとえば、住宅ローンなどで一括払いをしていれば、
見直しで大きな金額が戻る可能性もあるそうです。

火災保険は、火災や落雷、風災などで被害を受けた建物などを
補償する保険ですが、ひとことに火災保険といっても商品により
保険料や補償内容が違うので自分に一番合った火災保険を
選びたいですよね。

「火災保険の情報サイト!│“大人”の安い火災保険」は、
いろいろな角度から火災保険の情報を集めたサイトです。

火災保険や地震保険の基礎知識を分かりやすく説明したり、
損保代理店や専業代理店、インターネットなど複数ある
加入方法を比較したり、火災保険についての口コミ情報
など、為になる情報が満載です。

たとえば、保険料を安く抑えるポイントも、それぞれの住宅の
状態によって違うので、”割引制度をチェックしよう”
というページが参考になりますよ。

個人的に、”火災保険の勘違い例”もぜひ知っておきたい情報
だと思いました。

火災保険への加入を検討している方に、おすすめのサイトなので、
ぜひ訪問してくださいね。
posted by ぴんちゃん at 12:41| Comment(0) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

火災共済について

皆さんは、何を基準に火災保険を選んでいますか。
私の場合、今住んでいる家の火災保険は親が選んだので、
どうして今の保険にしたか分からないけど、たぶん、
知り合いの紹介で加入したのではと思います。

火災保険に限らず、保険は誰かの紹介とか、
営業マンにすすめられて、その保険に決める方が多いですよね。

一言に火災保険といっても、いろいろな会社から複数の商品が
でているので、今加入している火災保険より、もっと
条件が良い火災保険があるのではと、よく思います。

ただ、保険は火災保険に限らず難しいイメージがあります。

掛金が安くておすすめだと、よく言われる火災共済。
とにかく安いというのは分かるけど、補償内容や対応など
実際のところ、どうなの?って思うんですよね・・・。

そこで共済の火災保険について簡単にわかるサイト
「火災共済の口コミ情報│火災共済を選んだ40代男性の声」
というサイトを拝見しました。

火災共済への加入を決めた40代男性の口コミを集め、北海道地方や、
九州・沖縄地方など地域別に掲載しています。

利用者の評判やクチコミを第三者の立場から公平に確認できるので、
加入を検討している立場の私と、同じ立場の方の話が聞ける点が
嬉しいです。

口コミ以外にも、火災共済のメリットとデメリットや、
共済の基礎知識、用語集などをわかりやすく説明している
ので、火災保険の加入や見直しを検討している方におすすめ
のサイトです。
posted by ぴんちゃん at 02:30| Comment(0) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

火災の比較情報、 火災保険を比較する情報があるよ.jp

みなさんは火災保険に加入するとき、数多く存在する
火災保険の中から、どうして今加入している保険に加入したか
覚えていますか。

なんとなくとか、あまり考えずにとか、勧められたのでそのままと
言う方も多いと思います。火災保険は自分の家を守るための
保険っていうし、しっかり比較して決めたほうがいいそうですが、
保険会社によって保険料の違うのはもちろん、補償される内容も
違うので、私も一度しっかり比較して見直ししたいと思いながら
面倒で後回しにしています。

火災保険に限らず保険というと、専門用語が多くて分かりにくいので
避けてしまうというのが一番の理由です。けど最近、ウェブサイトの
中には火災保険を分かりやすく説明しているサイトがありますよね。

火災保険を比較しよう』というサイトを拝見しました。
火災保険の見積もりを比較したり、加入方法を比較していているので、
これと比較すると、火災保険を選ぶ際に選んだ補償や保険料が適正
なのか参考になります。

よく火災保険に使われている保険用語も分かりやすく説明していますし、
火災保険と地震保険の基礎知識や、保険会社情報なども紹介していて、
難しいと思っていた火災保険のことがすんなり理解できます。

保険の活用例も紹介していて、たとえば「家の外壁に、何者かがペンキで
いたずら書きをしたため汚れてしまい、水で洗っても落ちなくなってしまった。
壁の塗りなおし費用が保険でまかなわれた。」そうです。

一見、火災保険と結びつかないので知っているとお得ですよね。

もちろん、加入している火災保険によって、違いがあるのでそれぞれの
ニーズに合わせて選ぶのが一番だと思います。

我が家も何度同じ被害にあったことがあるけど、かなり昔加入した
火災保険なので、知っていたとしても適応されない気がします。
それに昔の保険は自由度が低かったですが、最近の火災保険は、
必要な補償だけを適切な対価で購入することができるように
なったそうです。
posted by ぴんちゃん at 11:48| Comment(0) | 火災保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする