2017年02月17日

吉泰不動産の不動産専門館には武蔵村山の物件情報が満載です!

武蔵村山や立川、東大和や昭島の不動産をお探しの方は、
吉泰不動産の不動産専門館のサイトをチェックしてみてください。

サイトから武蔵村山市 新築や立川を始め、東大和や昭島の不動産をニーズに合わせて
検索できるそうなのでスムーズに不動産探しができますよ…。

「吉泰不動産」は、多摩地区を中心に3,000を超える
豊富な新着物件の提供売買・賃貸管理等を行い、
日々の生活に役立つ地域の細やかな情報提供もしているそうです。

昔は不動産探しはすごく大変でしたが、
インターネットから希望条件を入れればマッチングしてくれるので便利ですよね…。

掲載されている物件は、詳細情報と地図・ストリートビューが載っていて
物件の外をパノラマ写真で見ることができました。

見ている物件に似ている物件も横に検索されて、
気になる物件の見落としが防げる点も良いと思いました。

来店すれば、全部件を紹介してくれるそうです。

吉泰不動産の不動産専門館の「3箇条」をお約束!
一、「初めて」の案内で、「申し込み・契約」を急がさない。
一、「ひとり」の営業が「時間をかけて」「すべての物件情報」を開示します。
一、購入後の支払いを「細かくシュミレーション」し、
  今後35年後以降を考えて「無理のない住宅ローン」を提案します。

じっくり考えたかったのに、お店の方に契約を急がされてその場て決めて後悔する。
よくある話ですが、大きな買い物であり、そこに住むことになる不動産の場合、
急がされて焦って決める…ということを絶対に避けたいので
「初めて」の案内で、「申し込み・契約」を急がさない…
なら安心して来店できると思いました。

他の2箇条も家を買う側にとって、有難いサービスだと思います。

吉泰不動産の不動産専門館で素敵な不動産が見つかると良いですね…。
posted by ぴんちゃん at 04:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「第二回全国名月サミット」にて、新たな『日本百名月』認定登録地が決定!

2017年2月10日(金)、一般社団法人 夜景観光コンベンション・ビューローが、
東京スカイツリータウン(R)で開催した「第二回 全国名月サミット」において、
日本百名月』の第二回認定登録地を決定、発表したそうです。

日本各地に数多ある「美しい名月」の魅力を国内外の観光客に存分にアピールし、
日本の名月の観光資源化を目指ざすプロジェクトだそうで、
「月の魅力」を時代に即した観光視点から捉え、
より強大な日本の夜景資源へと昇華させること目指し、
今後百年続く新たな観光ブランドを創設。
その後も継続的な調査と選出を施し、
数年後には全国100ヶ所の名月地が出揃うそうなので楽しみです。

「第二回全国名月サミット」にて、新たな『日本百名月』認定登録地が決定!

2016年3月に第一回認定登録14箇所に次いで、
今回は約100ヶ所のノミネートの中から
厳選された計7ヶ所が新たに認定登録されたそうです。

「美しい名月」に選ばれる場所は、街灯がなく夜空が真っ暗…。
なので、月が美しい…。

私の中で『日本百名月』はそんな風に選ばれるイメージがあったのですが、
東京スカイツリー(R)から望む月や東京タワーと月も認定登録されていました。

街灯が多くて星がほとんど見えない我が家の周りと、
夜空が真っ暗な旅行先で見たキレイな月を比べたので勝手にそう思ったのですが、
ライトアップした東京スカイツリーや東京タワーから望む月はキレイでしょうね…。

同じ月でも周りの景色によって美しさが変わるわけで、
そのことを知って月を見ると趣を感じますね…。

日本の名月の観光…。趣があって良いと思いませんか。
若い頃はアクティブな旅が好きでしたが、
最近はそんな旅も良いと思うようになりました。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
posted by ぴんちゃん at 03:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォトブック作成サービスを美しい仕上がりで選ぶならPhotoback(フォトバック)

皆さんは、デジタルカメラやスマートフォンで撮った写真を
どのように整理していますか…

我が家は、子どもが生まれてから写真を大量に撮るようになり
撮った写真データがどんどん溜まっています。

ちなみに、もともと新しもの好きの旦那は
「子どもの写真をバンバン撮りたい」と言って
カメラ機能が良いスマホに買い換えたんですよね…

私は取り敢えず、大容量のSDカードを数枚使っていますが、
データ消失リスクも心配ですし、CDなどに保存して、
お気に入りの写真はプリントアウトして
アルバムやフォトブックなどで保存したいな…と思っていました。

自宅でプリントアウトした子どもの写真を両親に何度か送ったことがあるのですが、
仕上がりがイマイチなので、大切な思い出ですしフォトブックサービスの業者さんに
お願いしたほうが良いかな…と考え中…

そんなときに、おしゃれな仕上がりと美しいレイアウトが評判の
フォトブック作成サービスPhotoback(フォトバック)の存在を知りました。

詳しくはコチラ、PC版iOS版 でチェックして下さい。

デジカメやスマホで撮った写真をネット(パソコンやスマホ)から
簡単な操作をして編集し、それをフォトブックにしてくれるサービス…



CDサイズや文庫本サイズ・最大B5判変形サイズなど大きさもいろいろあり、
質感や紙・品質・画質・テンプレート・アイテム(合紙製本)にこだわり
業界初のデザイン性に優れた商品を世に送り出し続けている
という点に魅力を感じました。

大切な思い出を手にとって見ることができる形に変えるからには、
高品質な仕上がりを期待したいですからね…。

「Photoback」のサイトで気になる言葉を発見

”写真が語り出すようなフォトブック”

この言葉だとイマイチ意味が分かりませんが、
サイトにあるフォトブックを見るとナルホドと納得です。

言葉にするのは難しいですが、プロが撮影した写真集レベルの仕上がりで、
写真が語り出すような錯覚を感じました。

写真をどう表現したら、もっと伝わるのか。
その時の光、その場の空気、そして流れる時間。
大切な写真たちに言葉を添えて、一冊のストーリーにして思いを伝えていく。
Photobackは、そんな“本”というカタチにとことんこだわっている
そうです。

圧倒的な美しさとプロ品質と評判なのに価格はリーズナブル…
注目のフォトブック作成サービスです。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ レビューブログからの情報です。
posted by ぴんちゃん at 01:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする